即日でお金を借りたい!確実に借りる方法はどうすればいい?

MENU

今すぐお金借りたい!即日で借りる条件は?

 

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

「今すぐお金借りたい」「即日でお金借りたい」というのであれば、是非とも大手カードローンがおすすめです。

 

カードローンは担保も保証人も不要ですので、申し込みから融資まで非常にスムーズです。

 

ここでは「今すぐお金借りたい」というための方に、カードローンで即日融資するための条件について紹介します。

 

 

カードローンで即日融資する方法は主に「2通り」あります。

 

1つはインターネットから申し込みし、そのままWEB上で契約を済ませ銀行振込で融資を受けるというもの。

 

そしてもう1つは自動契約機を使って「契約書やローンカード」などの「借り入れに必要な書類」をその場で発行する方法です。

 

 

 

銀行振込で即日お金を借りたい場合は、申し込み締め切り時間に注意が必要です。

 

銀行振込が当日反映されるのは「平日の15時まで」の手続きとなりますので、その時間までに振り込み依頼を完了させなければいけません。

 

 

ですから銀行振込で即日お金借りたいのであれば、遅くとも平日14時までに書類の提出契約手続きが完了していることが条件となります。

 

銀行振込による即日融資の申込み締切時間は、各金融機関によって異なりますので、必ず確認してから申し込みするようにしましょう。

 

 

銀行振り込み即日お金を借りたい場合は、WEB上で申し込みから契約まで全て完結させることができますので、自宅にいながらでもお金を借りることができます。

 

 

「即日お金借りたいけど外出してるヒマもないくらい急いでお金借りたい」という人におすすめの方法です。

 

平日14時以降や土日祝日でも即日お金借りたいのであれば、自動契約機を利用しましょう。

 

 

自動契約機はその場でローンカードを発行してもらえますので、銀行振込が間に合わなくてもATMを使って即日でお金を借りることができます。

 

自動契約機に行くという手間はかかりますが夜間も営業していますので、その日に借りられる可能性が非常に高くなります。

 

 

自動契約機による即日融資の申込み締切時間は大体19時〜20時が締め切りとなっていることが多いです。

 

かなり時間に余裕がありますが、あまりにも時間ギリギリの申し込みですとその日にカード発行できない恐れもありますので余裕を持って申し込みするようにしましょう

 

【ここからの目次】

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


携帯電話・スマホからお金を借りたい場合借りれる?

 

急にお金に困ってしまい、カードローンでお金を借りたい場合、携帯電話やスマホからでもお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

お金を借りたいとなると、銀行や貸金業者の店舗に出向き、手続やら審査やらで面倒というイメージが非常に強いかと思います。

 

しかし今現在は、お金を借りたいななら携帯電話やスマホでキャッシングの申し込みが即日でも可能です。

 

 

お金を借りたい場合の申し込み方法は特別難しいということはありません。

 

また、24時間365日申込は受け付けていますので、お金を借りたいなら何時でもどこでも手続を取ることが可能です。

 

お金を借りたい消費者金融や銀行カードローンのHPにアクセスし案内のとおりに入力していけばOKです。

 

本人確認のために電話の連絡先の入力欄がありますが、これは自宅の電話でなく携帯番号で問題ありません。

 

むしろすぐに在籍確認の連絡が取れますし、実家暮らしをされている方の中には「お金を借りたいけど、家族バレしたくない」という方もいるでしょうから、携帯電話の方が良いかと思います。

 

 

「生活費が足りない」「急な出費でお金を借りたい」となった時、携帯やスマホで簡単にキャッシング出来るカードローンは本当に便利です。

 

ですが、お金を借りたいからといって、お金を借りた後のこと借金返済の事もしっかり考えなければ危ないでしょう。

 

無理のない返済を心がけてお金を借りて下さいね。

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


主婦がお金を借りたい!専業主婦やパートは借りれる?

 

主婦の人の中には、教育費・子供の塾代・冠婚葬祭などで急な出費で家計が苦しくなり、お金を借りたいと思う人は多いでしょう。

 

では「主婦」という職業でも、カードローンなどでお金を借りれるのでしょうか?

 

まず、主婦だとしても大手消費者金融や銀行カードローンではお金を借りる事は可能です。

 

しかし、主婦がお金を借りたい場合には条件を満たしていなければ、お金を借りたいとしても借りれません。

 

その条件とは、「安定収入があること」です。

 

大手消費者金融の場合、主婦でもパートやアルバイトをしていて毎月安定した給料をもらっていれば、お金を借りる事Hあ可能なのです。

 

ですが、専業主婦の場合ですと、主婦でお金を借りたいとしても審査落ちしてしまいます。

 

あくまでも本人が働いていて安定収入がなければいけないのです。

 

 

ただ、大手銀行カードローンであれば、専業主婦でお金を借りたい場合でも、「配偶者の収入」を審査にかけることでお金を借りることは可能です。

 

つまり、旦那さんがちゃんと働いていて安定収入があれば、専業主婦がお金を借りたい場合でもokということになります。

 

ただし、仮に離婚された方ですと配偶者貸付でお金を借りたい場合でもできません。

 

 

また、旦那さんの勤務先に在籍確認が行く場合もありますので、「夫に内緒でお金を借りたい」となると正直厳しいかもしれません。

 

ただし、パートをしている主婦さんは本人契約ができるので、旦那に内緒でお金を借りたい場合でも、高確率でバレないといえるでしょう。

 

このように、仮に主婦だとしてもお金を借りたい場合借りる事は可能です。

 

しかし、主婦さん本人に収入がないとお金を借りたいとしてもを借りることはできませんので、ご注意下さい。

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります


お金を借りたいとしても無職だと借りれない!

 

無職でもお金を借りたい場合、借りる方法はあるのでしょうか?

 

ここでは無職でもお金を借りたい場合、方法はあるのか解説していきたいと思います。

 

 

まず結論から言いますと、いくらお金を借りたいとしても、無職でお金を借りる方法は基本的にありません。

 

既に周知の事実かと思いますが、なぜ無職だとお金を借りたい場合でも出来ないのでしょうか?

 

 

また、「今は定職に就いていても、これから無職になる可能性がある」という人もいるかもしれません

そのような場合はお金を借りたいときどうすればいいのでしょうか?

 

 

無職がお金を借りたいとしてもれない理由は「社会的信用がない」ということが挙げられます。

 

より具体的に言えば「無職ということは収入がない」ということになります。

 

さらに言えば「安定した収入がない」、これがカードローンなどでお金を借りたい場合、ネックとなっています。

 

 

お金を借りたら返さなければいけません。

 

働いて収入を得ていないと返済するためのお金を用意することが出来ません。

 

銀行や大手消費者金融は勿論のこと、中小のサラ金ですら、キャッシングするには安定収入がないとお金を借りたいとしても借りれません。

 

実際に金融機関のホームページ等を見ていただければお分かりの通り、いずれも安定した継続収入が必須とされています。

 

 

ちなみに「無職でなくても収入が安定していない人」も、金融機関からお金を借りたいとしても難しいです。

 

例えば、短期のアルバイトや日雇い労働者、転職を繰り返している人などです。

 

いずれも共通していることは「収入が安定していない」ということ。

 

 

長期的に仕事を続けていないため、収入の有無や継続性がコロコロと変わっています。

 

無職ではないにしろ、このような状態が続いている人も、お金を借りたいとしても融資審査通過はかなり微妙という事は知っておくと良いでしょう。

 

 

金融機関が安定した収入を利用条件としているのは、「返済の可能性を高めるため」です。

 

収入が安定している人なら返済が長期化しても、将来的にも返済が見込めるから安心と判断するわけです。

 

 

金融業者の中には無職の人にも貸付を行うところがあります。

 

電柱や電話BOXなどの張り紙で「無収入でも借入OK」「無職でも借りれます」といった謳い文句を目にしたことはありませんでしょうか?

 

今は少くなりましたが、貸金業者の連絡先が携帯番号になっていて、張り紙に記載されている電話番号に電話をかけることで、融資を受けることが出来ます。

 

 

一見、手軽にお金を借りれて「どうしてもお金を借りたい」というときに便利と思いますが、このような業者は「090金融」と呼ばれる闇金業者です。

 

お金を借りたい無職にとっては非常にありがたいサービスのように思えますが、これは「悪徳業者の手法」ですので、お金を借りたいとしても絶対に利用しないでください。

 

 

このような金融業者は、法律を無視した高金利での貸付、違法な取り立てでお金を回収しようとします。

 

一度関わってしまうと中々抜け出せず非常に危険な存在ですから、どんなにお金を借りたいとしても、闇金業者から借りるのは絶対に止めましょう。

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


安心してお金借りたい!銀行カードローンの安全?

 

カードローンでお金借りたいとなった時、どの方法が一番安心できるのか、安全にお金を借りれるのか気になるところです。

 

どうせなら安心してお金借りたいものです。

 

 

安心してお金借りたいというと真っ先に銀行カードローンが思いつく方が多いのではないでしょうか?

 

カードローンを運営する金融業者は沢山ありますが、その中でも銀行カードローンは安全度が高い金融機関と言えるでしょう。

 

実際にお金が必要となりお金借りたいとなった時、「銀行でお金借りたい」とクチをそろえる方も多いぐらいで、「銀行なら騙すようなこともないだろう」と安心安全第一で借りられる印象が高いです。

 

 

「カードローン」と聞くと消費者金融のイメージが強いですが、消費者金融は銀行に比べて安心面は劣るのかというとそうでもありません。

 

大手消費者金融は銀行の傘下に入ることで経営難を乗り越え立て直してきています。

 

 

アコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループ、モビットは三井住友銀行グループの傘下として営業しています。

 

銀行の傘下になったからといって金利面がとくにお得になったというわけではありません。

 

しかし、バックに銀行がついているということは、我々消費者側からすれば安心感があると言えます。

 

 

「消費者金融」と聞くとネガティブなイメージを持たれる方も多いですが、銀行グループの一員と聞くと、不思議と安心感があります。

 

同じカードローンでも名前も聞いたこともないような消費者金融よりも、銀鉱傘下の消費者金融のほうが安心してお金を借りられるのではないでしょうか?

 

 

しかし、安心してお金借りたいのであれば銀行カードローンも良いですが、「審査基準」が厳しめで正直利用しにくいです。

 

銀行傘下の消費者金融は金利こそ高めですが、融資スピードが早く即日融資も可能と利便性が高いです。

 

安全性に加え利便性も備わっていますので、お金借りたい消費者にとって有り難いことこの上なしです。

 

 

ちなみに中小の消費者金融と呼ばれる金融業者でお金を借りるという方法もあります。

 

街金と呼ばれており決して違法な貸金業者ではありません。

 

大手消費者金融に比べて知名度が低いがために、審査に通りやすいという特徴があります。

 

ですが、悪徳業者も紛れていますので、消費者金融でお金を借りたいならば大手消費者金融のほうが良いでしょう。

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 


低所得者でもお金借りたい!審査は通る?

 

「低所得でもお金借りたい」となった時、カードローンやキャッシングの利用を考える方もいるでしょう。

 

しかしカードローンでお金借りたいのであれば、融資審査を通過しなければいけません。

 

「低賃金だから...」「年収・収入が少ない」という理由で審査落ちにならないかと不安になる方は多いのではないでしょうか?

 

 

カードローンの審査は収入が高くないと通らないと思っていませんでしょうか?

 

確かに収入が多ければそれだけ余裕を持って返済に充てることができますから、お金を借りる審査で有利になるのは間違いないです。

 

しかし、カードローンの審査の可否は収入額だけで決まるものではありません。

 

 

もちろん審査において収入は重要視される項目ですが、金融機関は収入額そのものよりも安定性に重きを置いています。

 

つまり収入が少なくても安定性があれば、お金借りたいなら審査通過の可能性はあるということです。

 

年収が多くても収入に波があるような方は審査落ちする可能性が高く、逆に低収入でも毎月ほぼ一定額のほうが審査通過の可能性は高いです。

 

 

ですから低所得者でもお金借りたいという方も、カードローンやキャッシングの利用を諦めることはありません。

 

事実、パート・アルバイトなど低収入でもお金借りたいという場合でも、カードローンやキャッシングを利用されている方はたくさんいらっしゃいます。

 

ただし、銀行カードローンでお金借りたいとなると審査基準が厳しめです。

 

なので、低所得者でもお金借りたいのであれば、できれば大手消費者金融に申込むのが良いでしょう。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


自営の個人事業主でもお金借りたい!必要書類はある?

 

「自営業の個人事業主はカードローンでお金を借りるのは難しい」...こんな思い込みをしていませんか?

 

昔から自営業の個人事業主は金融機関から融資を受けるのはハードルが高いと言われてきました。

 

その理由は収入の安定性にあります。

 

 

自営業の個人事業主はサラリーマンとは違って毎月の給料が決まっているわけではありません。

 

カードローンの審査では特に収入の安定性が重視されるため、審査は不利とされています。

 

しかし、確かにサラリーマンに比べると審査ハードルは高くなりますが、決して審査に通らないというわけではありません。

 

ですから「自営の個人事業主でもお金借りたい」という気持ちを諦めることはないです。

 

 

最近は自営業者向けのカードローンを取扱している金融業者も多くなっています。

 

それだけ、お金借りたという自営業の個人事業主にとっても融資を受けやすい環境が整いつつあるということです。

 

 

自営業の個人事業主がキャッシングの審査に通る条件はサラリーマンと特に違いはありません。

 

お金借りたいのであれば収入に安定性があることです。

 

毎月きちんと収入があり金額に波がないことが大切です。

 

 

自営業の個人事業主がキャッシングする上での注意点は「2つ」あります。

 

まず1つ目に「借り入れた資金は事業資金には使えない」ということです。

 

カードローンは基本的に使いみち自由ですが、事業性資金には使うことが出来ません。

 

自営業向けのカードローンの中には事業資金にも使えるものもありますので、事業資金として使いたい方は自営業者向けのカードローンに絞って申し込みすると良いでしょう。

 

 

2つ目に「お金借りたいなら審査では収入証明書が必要になる」ということです。

 

自営業の個人事業主の場合は、収入を公的書類によって証明しなければいけません。

 

 

自営業がキャッシングでお金借りたいという場合は以上の2点に気をつけて申し込みしましょう。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


お金借りたいとしてもブラックリストだとムリ

 

「ブラックリストに乗ってるけどお金借りたい」という人は意外と多いです。

 

ブ「ラックだからお金借りたいけど借りられない」と言われていますが、それは何故なのでしょうか?

 

今回はブラックリストとキャッシングについて解説していきます。

 

 

まず、結論から言ってしまえばブラックリスト入りしている人は、どんなにお金借りたいとしてもキャッシング審査に通ることはありません。

 

ブラックリストを解消して一定期間を経過していれば、新たにお金を借りる事は可能です。

 

しかし、現在進行形でブラックリスト入りしている場合は、お金借りたいけど借りれないという状態になるのは仕方ないです。

 

 

ブラックリストとは要するに「金融事故を起こした状態の人」のことです。

 

ブラックリストというリストが金融業界に存在しているわけではありません。

 

 

「返済の長期延滞、遅延の繰り返し、債務整理、強制解約、代位弁済」、この内のどれか一つでも行うと個人信用情報に事故情報が記録されブラックリスト入となります。

 

いずれも共通しているのは「借りたお金を返していない」ということです。

 

金融機関にとってこれほど迷惑な客はいませんから、このような人がお金借りたいからといって申し込みしたとしても、即座に審査落ちとなります。

 

 

では、お金を借りる審査のときに、なぜブラックリスト入りしていることがどうしてバレるのか?

 

金融事故を起こすと個人信用情報に記録が残ると説明しました。

 

個人信用情報は指定信用情報機関が管理保持しており、この機関に加盟している金融機関は照会することができるのです。

 

 

ですからカードローンやキャッシングの申込された際、金融機関は申込者の個人信用情報を指定信用情報機関を通じて照会してチェックすることが出来るのです。

 

ですから、融資審査のときに嘘をついてもバレる仕組みとなっているのです。

 

 

ブラックリスト入りしているとほぼ間違いなくお金を借りる審査に通らないです。

 

中には現在進行形でブラックの人にも融資を行っている業者もありますが、総じてそのような金融業者は悪徳業者の可能性が高いですから、いくらお金借りたいとはいえ絶対に手を出さないことです。

 

 

お金を借りる審査に通らないような「リスクが高い人」に、あえてお金を貸すという事は「何か裏がある」と言って間違いないです。

 

残念ですがブラックリストが消えない間は、カードローンやキャッシングに申し込みしても、ほぼ審査落ちとなります。

 

事故情報が消えるのは、それが解消してから5年〜10年後となります。

 

この間は、いくらお金借りたいとしても基本的に融資は受けられないと思ってください。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


お金借りたいが審査が通らない!なぜ?

 

「お金借りたいが審査が通らない」...こんな悩みをお持ちの方は多いです。

 

どの金融機関でも審査基準は一切公開していませんので、審査通過するためのより具体的な対策を取ることは出来ません。

 

しかし審査落ちするには当然、何かしらの理由や原因があります。

 

今回は「お金借りたいのに審査落ちする原因」について解説します。

 

 

まず、いくらお金借りたいからとはいえ、審査に落ちた理由を金融機関に問い詰めても絶対に教えてはくれません。

 

否決の理由を教えてしまえば、審査通過するための具体的な対策を取られてしまうからです。

 

 

多くの場合、カードローンやキャッシングで審査落ちする原因は「属性」と「信用情報」のどちらか、あるいは両方に問題があるからです。

 

この「属性」とは申込書に記載する収入や勤続年数、家族構成などその個人に関する情報のことを言います。

 

 

カードローンの審査では属性のそれぞれの項目に点数を付け、その合計点数で可否を判断しています。

 

点数が高ければ審査通過の可能性は高く、逆に点数が低ければ審査落ちしやすいです。

 

属性の中で特に重要となるのが「収入」と「勤務日数」です。

 

 

収入は金額も重要ですが、「安定」していなければいけません。

 

不安定な収入状態では点数は低くなりますので、いくらお金借りたいとしても審査落ちの可能性が高いです。

 

 

また、収入の安定性を図る上で重要となるのが「勤務日数」です。

 

1つの職場に長く勤めていれば、それだけ仕事も収入も安定性が高くなると判断されます。

 

働き始めたばかりの人だと仕事をは辞める可能性が高いと判断されやすいため、評価が低くなります。

 

ですから、お金借りたいとしても審査通過は難しくなるというわけです。

 

 

「属性に問題がなくても審査落ちした」という場合は、「信用情報」に問題があると疑ったほうが良いです。

 

信用情報は、信用情報機関に開示請求することで確認できます。

 

ですので、「お金借りたいけど審査が不安」という人は、面倒でも一度は開示請求してみると良いでしょう。

 

 

問題となるのは「金融事故情報」が記録されている場合です。

 

返済延滞や債務整理など、借りたお金をきちんと返さないでいると、その記録が信用情報機関に残り、いわゆる「ブラックリスト」となります。

 

ブラックリストの状態ですと、上記でも説明しましたが、お金借りたい場合でも審査に通ることはまずありません。

 

 

信用情報には「他社借入状況」も記録されます。

 

他社での借り入れがあれば、返済負担がそれだけ大きくなります。

 

ですので、カードローンやキャッシングの審査では審査落ちの可能性は高くなります。

 

 

このように、いくらお金借りたいとしても上記で説明した内容に少しでも当てはまると、お金を借りる審査に通らない場合があるので注意しましょう。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 


審査なしでお金借りたい!そんな金融ある?

 

「審査なしでお金借りたい」....そんな要望に応えてくれる金融業者はあるのでしょうか?

 

キャッシングやカードローンでお金借りたいなら、審査を通過しなければいけません。

 

ですが、この「審査」がなくなれば融資までがかなり早くなります。

 

ただ、結論から言ってしまえば「審査なしで貸してくれる金融業者」はありません。

 

「審査が甘い」と言われる中小の消費者金融でも審査は必ずありますし、リスクがあると判断されれば、申込者がいくらお金借りたいとしても融資されません。

 

ヤミ金ですら審査は行いますので、審査なしでお金借りたいという要望に応えてくれる貸金業者はないでしょう。

 

 

審査なしでお金借りたいという人は、「審査に自信がない」もしくは「とにかくお金が必要で急いでいる」というケースが殆どです。

 

「ブラックリストだけどどうしてもお金借りたい」という場合ですと、どの金融業者からも借りることはほぼ無理ですので、残念ながら諦めるしか無いでしょう。

 

 

「とにかく急いでいて、どうしてもお金借りたい」というのであれば、審査スピードが早い大手消費者金融に申込むのがオススメです。

 

即日融資を謳っている大手消費者金融であれば、条件を満たせば申し込んだその日にお金を借りることも可能です。

 

特に大手消費者金融は最短1時間で借りられるところもありますので、急ぎでお金借りたい場合はオススメです。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

どうしてもお金借りたい時でも個人間融資掲示板は注意!

 

銀行や消費者金融など正規の金融機関から借りられないからと「個人間融資」を利用する人が増えています。

 

個人間融資とはネット掲示板を通じて、「お金を貸したい人」と「お金を借りたい人」が書き込みして、お金の貸し借りを行うというものです。

 

 

金融機関のキャッシングのように審査がありませんので、正規の金融機関で借りられない訳ありの人でもお金を借りる事が出来ることから一部の人から人気の借入方法です。

 

「お金がない」「どうしてもお金借りたい」からといっても、個人間融資は絶対に利用しないことです。

 

個人間融資の掲示板に書き込みをしている人の多くは、個人を装った悪徳業者だからです。

 

もちろん、ビジネスとして貸し付けを行っている個人の方もいますが、大半は悪徳業者が書き込みをしていますので、非常に危険です。

 

 

個人間融資は実際にお金を借りるまで、詐欺だということに気づきにくいです。

 

例えば個人間融資を利用するにも身分証明書を提出しなければいけません。

 

ですが、相手が悪徳業者であれば提出した後に音信不通となってしまい、お金借りたいとしても実際には融資されません。

 

 

金融機関でもお金を借りる際は身分証を提出しますから、この事自体に不審に思う方は少ないです。

 

ですので、余計に騙されやすいのです。

 

 

他には返済能力を確かめるため、手数料や保証料としてなどいい、先にお金を振り込ませる手口を使う業者もあります。

 

正規の金融機関であれば、お金を借りるのに保証料を取るようなことは絶対にしません。

 

 

このように個人間融資には危険が潜んでいます。

 

「どうしてもお金借りたい」「お金借りたいけど、まともな金融機関で借りられない」からと言って、個人間融資で借りるようなことはしないでください。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

お金借りたいけど借りれないなら親兄弟に相談を!

 

「お金借りたいけど銀行や消費者金融は利用したくない」
「事情があってお金借りたいけど借りれない」
...という方は、両親や兄弟から借りられないか相談してみると良いでしょう。

 

 

また、両親がが駄目でも親戚などの身内や友人からお金借りるという手もあります。

 

いずれにしても金融機関のように審査がありませんので、ハードルはそこまで高くないです。

 

 

ただし、親しい中にあるからこそお金を借りたいという場合は注意が必要です。

 

お金の貸し借りが原因で関係が悪くなったという人は沢山います。

 

身内からお金を借りたいときの言い訳や理由と注意点について解説していきます。

 

 

お金借りたいけど借りれないという方は両親や兄弟など身内に頼るケースが多いです。

 

ただ、お金借りたいときに悩むのは「お金借りたいときの言い訳」や「お金借りたい理由」ではないでしょうか?

 

「なんて言えば貸してくれるのか?」と悩む方は多いでしょう。

 

 

親兄弟などの身内からお金を借りたい場合のオススメの理由は、「自分に非がない事を前提としたもの」が良いです。

 

例えば「冠婚葬祭が続いてしまった」「財布を落としてしまった、盗まれた」などです。

 

これらの理由であれば、相手も「仕方ない」と思ってお金を貸してくれる可能性が高いです。

 

 

絶対に駄目なのは「遊び」や「ギャンブル」などでお金を借りたいと言ってしまう場合です。

 

我慢すれば済む話ですから、快くお金を貸してくれることはないでしょう。

 

 

本来であれば正直に言うのが一番ですが、どうしても言いにくいことであれば、上記のような理由でお金借りるのが良いのではないでしょうか?

 

また、親兄弟にお金を借りる際は借用書を必ず作りましょう。

 

口約束だけで済ませてしまうのは親兄弟とトラブルの元となりますので、きちんとお金の貸し借りがあったことを証明する書類は作るようにしましょう。

 

 

親兄弟などの身内からお金を借りるからこそ、こういった取り決めはきちんとしなければいけません。

 

お金の貸し借りはトラブルになりやすい事ですから、「金融機関からお金を借りているんだ」という気持ちで借りるようにしましょう。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

どうしてもお金借りたい場合でも闇金(ヤミ金)はNG

 

「金融業者はもちろん、親兄弟からもお金を借りれない」....そんなときに、どうしてもお金を借りたいからと闇金にだけは絶対に手を出さないでください。

 

銀行や消費者金融など、「正規の金融機関から借りられないけどどうしてもお金を借りたいと困っている人」が最終的に行き着くのが「ヤミ金」と言われています。

 

お金を借りてはいけないと分かっているものの、切羽詰まっていることからついつい手を出してしまったという人が多いです。

 

 

意外かもしれませんが、「消費者金融=闇金」と思っている方は非常に多いです。

 

しかし消費者金融と闇金は全く別物です。

 

消費者金融は法律に則ってお金を貸している金融業者ですが、闇金は法律を無視してお金を貸している貸金業者です。

 

要するに「法律を守っているかいないか」の違いです。

 

 

消費者金融は暴利、悪質な取り立てのイメージが強いですが、これらは禁止されており、合法的な金融業者なのです。

 

一方で闇金は法律を一切無視していますので、通常ではありえない金利での貸し付けや違法な取り立てを平気で行います。

 

一口に「ヤミ金」と言っても手法は実に様々です。

 

昔から多い手法としては、電柱や塀に「即日振込融資」「多重債務者でも貸します」「債務整理者でもOK」といった謳い文句とともに、連絡先が記載された広告やチラシによる勧誘です。

 

 

最近は連絡先が携帯電話番号となっており、いわゆる「090金融」と呼ばれるものです。

 

携帯電話の普及に伴い、今では「080金融」も見かけるようになりました。

 

 

「ヤミ金は無職でお金借りたい人でもOK」「ブラックでも融資OK」というところが多いです。

 

お金に困っている人にとっては嬉しいかもしれませんが、通常お金を借りられないような人にも貸してくれること自体が怪しいと疑うべきです。

 

 

ヤミ金では審査と銘打って「氏名や年齢、生年月日、住所、電話番号、勤務先の情報、家族構成、借入状況」など色々と聞いてきます。

 

「ヤミ金でも審査するんだ」と思った方もいるかもしれませんが、審査なんてあってないようなものです。

 

なぜこのような情報を聞き出すのかというと、審査のためではなく「取り立て」に役立てるためです。

 

 

多重債務者やブラックでも貸し付けるのは、本人以外から回収するためです。

 

だからこそ本人以外の情報も聞いてくるのです。

 

むしろ、初めから本人の家族や勤務先の同僚、友人などからお金を回収しようと考えているということです。

 

 

ヤミ金でお金を借りてしまえば、借りた本人だけでなく、その周囲の関係者にも被害が及んでしまうのです。

 

だからこそ、どうしてもお金を借りたいからと言ってもヤミ金から借りてはいけないと説明したのです。

 

 

最近のヤミ金は昔よりも手口が巧妙化してきており、警察でも対応が困難なケースが増えてきています。

 

ヤミ金は一度利用したら最後、それぐらい危険な存在です。

 

どうしてもお金を借りたいとなっても闇金にだけは絶対に手を出さないでください。

 

お金を借りる方法はカードローン意外にもありますので、それらを参考にしてください。

 

 

アコム

 

※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス


 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります

 

 

大学生・高校生でもお金借りたい場合借りれるの?

 

大学生・高校生でも「お金借りたい」という人はいるのではないでしょうか?

 

個人が気軽にお金を借りる方法としてキャッシングはおなじみですが、仮に大学生や高校生でも借りることはできるのでしょうか?

 

 

結論から言えば、高校生がカードローンやキャッシングでお金を借りたいとしても、借りる事はできません。

 

アルバイトなどをしている大学生であれば、カードローンでキャッシングすることは可能です。

 

より詳細はココ⇒学生がお金借りたい場合はキャッシング審査に通過できる?

 

 

カードローンで借りたお金は返済しなければいけません。

 

お金借りたいというのであれば「働いて収入を得ている必要」があります。

 

 

ですから、収入がない高校生がお金借りたいとしても、お金を借りる事はできないのです。

 

これは大学生に関しても同じことが言えます。

 

 

しかし、仮にアルバイトで毎月給料をもらっている学生だとしても、お金借りたいからといって、必ずキャッシングできるというわけではありません。

 

高校生や未成年の大学生だと、いくらお金借りたいとしても、カードローンで本人契約することはできないのです。

 

18〜19歳の未成年者は、仮にアルバイトをしていてもお金を借りることは難しいのです。

 

 

未成年の高校生や大学生が行った契約は、あとから取り消しすることができます。

 

つまり、契約は無効となり、金融業者はお金を回収できなくなるというリスクがあります。

 

ですので、どの金融機関も未成年の高校生や大学生への貸付は行っていないのです。

 

 

カードローンは消費者金融だけでなく銀行でも取り扱いしていますが、お金借りたい大学生であれば申込先は大手消費者金融がオススメです。

 

というのも、銀行カードローンは金利が低い分、審査基準が厳しいですから、収入が安定していない学生ですと、申し込みしても審査落ちになる可能性が高いからです。

 

 

そもそも銀行カードローンは学生の申し込みを受け付けていないところが多いため、お金借りたいとしても学生は借りれない場合もあります。

 

それだけ学生に対しての貸付基準が厳しいという事ですから、大手消費者金融に絞って申し込みするのがいいでしょう。

 

 

大学生であれば「学生証」が身分証明書として使用可能ですので、特に書類提出で戸惑うことはないかと思います。

 

金融業者によっては学生証が身分証明書として認められていないところもありますので、申し込みする前に必要書類は必ず確認してください。

 

 

債務整理・自己破産・任意整理でもお金借りたい!可能?

 

借金で首が回らなくなった場合、債務整理を行う人も中にはいます。

 

任意整理や自己破産などがその代表例ですが、債務性理をした後もお金借りたい場合、借りる事は可能なのでしょうか?

 

 

これに関してですが、任意整理や自己破産をした人は、一般的な金融業者(大手消費者金融や銀行カードローン)では借りる事はできません。

 

 

そもそも、債務整理や自己破産は弁護士や司法書士を間に入れ、お金を借りた金融業者と取引を行います。

 

そのため、その間に他の業者からお金を借りてしまえば契約違反となり、法的手続き自体が破棄されてしまうことになります。

 

ですので基本的には債務整理・自己破産した人は、いくらお金借りたいとしても借りる事はできません。

 

 

ただ、中小のサラ金業者の中には「任意整理や自己破産をしてるけどお金を借りたい」という場合でも、貸してくれる金融会社もあるようです。

 

必ずしも悪徳業者とは限りませんが、闇金や違法な貸付を行なっている金融業者が紛れていることがあります。

 

ですので、そのような金融業者でお金借りる場合は、何か落とし穴があると思ったほうが良いでしょう。

 

どうしてもお金を借りたい場合でも、このような貸金業者にも手は出さないことがオススメです。

 

 

低金利でお金を借りたい場合は無利息サービス!

 

「できるだけ低金利でお金を借りたい」...そんな場合、どうすればいいのでしょうか?

 

カードローンやキャッシングの金利は、利率が低ければそれだけ無駄な利息を払わなくて済みます。

 

誰だってお金を借りたいときは金利は低いほうが良いですよね。

 

 

まず、低金利でお金を借りたいならる銀行カードローンを選ぶのがオススメです。

 

カードローンの金利は「○%〜△%」と記載されていることが殆どで、○%がその金融機関で出来る一番低い利率、△は最も高い利率でそれぞれ「下限金利」と「上限金利」と言います。

 

 

お金を借りたいという多くの人は、下限金利で金利を判断しがちですが、見るべきは上限金利です。

 

と言うのも、初回の借入れでは限度額は少額スタートとなりますので、適用される金利は必然的に上限金利となるからです。

 

消費者金融の上限金利は年18%ですが、銀行カードローンの上限金利は年15%です。

 

上限金利で見ても銀行カードローンのほうが低いですから、低金利で借りるなら銀行カードローンを選ぶほうが良いのです。

 

 

ただ、大手消費者金融には「無利息サービス」と呼ばれるものがあり、一定期間は金利ゼロでお金を借りる事も可能です。

 

「一時的な目的でお金を借りたい」という場合は、銀行カードローンでお金借りるよりも、遥かにお得といえます。

 

 

適用される期間は「大体30日間」と短いので注意が必要です。

 

ですが、例えば「給料日までお金がない」など、「完済できるあてがある場合」は、無利息で借りれて完済も出来てしまいます。

 

ですので、銀行カードローンでお金借りる借りるよりも良いですよね。

 

 

銀行カードローンは低金利な分、審査基準が非常に厳しいので、お金を借りたいとしても借りれない人が多いです。

 

しかし、大手消費者金融はパートやアルバイトなど属性が低い方でも、毎月安定収入があれば、審査上は十分利用可能です。

 

 

長期的に低金利でお金を借りたいのであれば銀行カードローンで借りるほうが良いです。

 

ただ、一時的な目的でお金借りたいのであれば、消費者金融の無利息サービスでお金借りるのもオススメといえます。
]

 

 

親や友達にお金借りたいとき理由や言い訳は?

 

金融機関でお金借りたい場合、は審査を受けその結果によって融資判断がくだされます。

 

ですから、お金借りたいからといっても「必ず借りれる」とは限らず、目的を達成できない場合も多いです。

 

 

また、金融機関によっては時間がかかることも多いので、急ぎでお金借りたい場合は「別のお金を借りる方法」を検討するほうが良いです。

 

そのような場合、親や友達からお金借りたいと思い付く人も多いのではないでしょうか?

 

 

身内なら審査はありませんから、お金借りたいというときは比較的、借りやすいかもしれません。

 

ただ親や兄弟、友人などの身内からお金借りたいときに「注意したいこと」が「お金を借りる理由や言い訳」かと思います。

 

 

両親や友達にお金借りたい場合は、「何と言って話を切り出せばよいのかわからない」という人は多いことでしょう。

 

「相手も納得してくれる理由」としては「冠婚葬祭が重なってしまった」「税金を滞納している」などかと思います。

 

 

実際にこのような理由で、母親・父親・友人などからお金を借りる人は多いです。

 

逆に「遊びやギャンブル目的」ですと、お金借りたい理由を説明しても、貸してくれる可能性はほぼありません。

 

 

これは「自分がお金を貸す側の立場」になって考えれば簡単に分かることかと思います。

 

「借りる必要がない理由」であれば、わざわざ自分の大切なお金を貸そうとは思わないはずです。

 

お金を借りる時の理由はこのあたりに注意する必要があります。

 

 

また、親や友達からお金借りたいなら、必ず「借用書」を作りましょう。

 

口約束で済ませてしまうと、後々トラブルに発展しかねませんので、必ず書面に証拠を残しておくことです。

 

そのほか、相手に迷惑をかけているわけですから、迷惑料として利息も必ずつけるようにしましょう。

 

 

身内でのお金の貸し借りはトラブルになりやすいですが、抑えるべきポイントをしっかりと抑えて実行すれば、良い関係を保ったままお金を借りることは可能です。

 

身内からの借金であっても、「金融機関から借りれている気持ち」できちんと返済するよう心がけましょう。

 

 

土日祝日にお金を借りたい!どうすれば借りれる?

 

「土日祝日にお金借りたい」という場合は、自動契約機で手続きするのがおすすめです。

 

 

一部の大手消費者金融では、土日祝日でも口座振込みでも即日借り入れが可能な所もあります。

 

ですが条件がありますので、土日祝に即日でお金借りたいのであれば、自動契約機を利用するほうが良いでしょう。

 

 

土日祝日に自動契約機でお金借りる場合でも、申し込みはインターネットで済ませておくと良いです。

 

自動契約機で申し込みすると、審査結果がでるまでその場で待機していなければいけません。

 

 

万が一、審査落ちすれば無駄足に終わってしまいます。

 

インターネット申し込みなら自宅や外出先からでもできますし、審査している間に自動契約機に出向くことができるなど、効率的に手続きできておすすめです。

 

土日祝日に自動契約機に出向く際は、本人確認書類など必要書類を持参するのを忘れないようにしましょう。

 

 

自動契約機なら土曜日も日曜日も即日キャッシングが可能です。

 

ただ、在籍確認をクリアできないと土日祝日に即日お金を借りることはできません。

 

 

土日祝日でも問題なく電話連絡が付けば良いですが、休みの場合は書類で在籍確認できないか一度相談してみると良いでしょう。


アコム


※即日融資は平日14時まで契約完了が条件

第2位 プロミス



 

※平日14時までに契約完了が必要

※お申込みの時間帯によって当日中のご融資ができない場合があります